フードベンダー100とは?(F100)

フードベンダー100はどんな食品自動販売機なの?というと、食品自動販売機専門総合オペレーターの株式会社ナムコが、2015年からスタートした食品自動販売機の新しいサービスです。

 

設置イメージ

 

 

上記の写真は自動販売機を開けた状態ですが、このような商品が全品100円均一になります。

 

カップ麺をはじめ、パン類、和洋菓子、スナック菓子、チョコレート、レトルトのカレーやライスまでが、全品100円均一の通常価格よりお安いのが特徴です。

 

この『安い』というのがウリなのと、食品自動販売機の専門オペレーターが運営しておりますので、商品の入れ替えの速さで食の楽しみもウリの一つです。

 

商品を固定しないで、数種類が毎回入れ替わるので、『今回は何が入ったかな!』という楽しい自動販売機です。


食の困った!を解消

全品100円の食品自動販売機は、職場環境の改善にもお役立ていただいております。

 

職場環境によっては、様々な食の困ったがあります。

 

職場で『食』の困った!

 

フードベンダー100

 

 

売店やコンビニが近くに無い!

 

コンビニまで片道5分以上かかると、往復10分、買い物すると15分。

 

休憩時間が無くなる不満!


 

 

雨の日、風の日、寒い日、暑い日・・・面倒に感じる日はあるものです。

 

こんな日に、何かあったらな〜と思います。


 

 

高層ビルの朝の出勤時とお昼休みのエレベーター待ちは大変。

 

お昼はタイミングを間違えると、エレベーター待ちが10分以上になる事も。

 

エレベーターを使わないで食べ物が買えたらな〜


 

 

コンビニではレジの待ち時間が大変。

 

レストランもなかなか座れない時も・・・

 

オフィス街のコンビニなど、集中して混み合っての大変さ。


 

 

急な残業の時に食べるものがない。

 

忙しいから今日は軽いものにしたい。

 

こんな時に、お手軽に食べるものが欲しい。


 

 

 

こんなお悩み解消策の一つとして、導入していただいております。

 

フードベンダー100は全品100円均一なので、社員のみなさまのお財布に優しい自販機です。

 

社員のみなさまが喜んで働ける環境作りの一つとして活用していただき、福利厚生の一環としてご検討ください。


フードベンダー100は災害対応自販機!

フードベンダー100は、災害対応自動販売機として活用していただけます。

 

万一の災害時には自動販売機を開けていただいて、商品を社員様に配っていただけるので、万一の災害時には『本当にあって良かった!』という自動販売機になります。

 

社内に設置されている自動販売機になりますので、社内でコントロールできるのも大きな強みとなります。

 

対応方法

専用の自動販売機のカギをお預け致します。
カギで自動販売機を開ける事ができるので、停電時の通電をしていない時にも使用可能です。

 

使用条件
  • 震度5以上
  • 地域の災害対策本部が設置された時

基本は上記が使用条件になりますが、定義できないのが災害なので、万一の際は活用ください。

 

覚書

万一の災害時に使用できるように専用のカギを預かっていただきます。
そのカギの預かりと使用に関する覚書を締結していただくだけです。

 

食品自販機の災害対応メリット

各企業様においては、3年や5年の長期保存の備蓄食準備はされているかも知れません。

 

このような備蓄食とフードベンダー100には大きな違いがあります。

 

フードベンダー100は災害備蓄ではないので、日常は安くて便利に使っていただく自販機で、いざといった災害時に『食品』として使っていただける事です。

 

日常品を口にしていただける事!

 

非常時に非常食を口にすると、普通ではないという事が味覚からも再認識され、テンションが上がってしまうものです。

 

それを、日常から口にしているものを食べる事で、『一回落ち着こう!』と冷静さを保てる事です。

 

非常時に非常食を口にするのではなく、非常時に日常品を食すことで落ち着きを取り戻せる一助にもなります。

 

 

フードベンダー100の災害対応は、万一の際はとてもお役にたてるサービスです。

 

飲料自動販売機では災害対応はありますが、食品自動販売機で災害対応を基本サービスとしているのはフードベンダー100だけです。


さまざまな活用シーン

オフィス系

フードベンダー100の設置場所として一番多いのはオフィスです。

 

買い物にオフィスから5分以上かかると面倒と感じたり、往復と買い物時間は時間の無駄と感じるそうです。

 

都内でも職場から5分以上というのは珍しくないです。

 

また、遠いというだけでなく、昼食に集中するコンビニや売店、食堂を回避する為にも活用していただいております。
毎日の混雑に嫌気がさしている人にも好評です。

 

更にオフィスで需要が高くなるのは夕方から夜間です。
夕方の小腹が空いた時や疲れ始めた時に甘いものでリフレッシュしたい時!そんな時に、近くてお手軽、そして外に買いに行くより安いので便利に活用していただいております。

 

24時間の職域

24時間体制の病院や工場、ホテルなどの職場においては、深夜の困ったときに活用していただいております。むしろ24時間の職場は、自販機を一番重宝していただいている職域になります。

 

いつでも購入できるのが自販機の良いところとして、食品自販機の役割が大きいとして喜ばれている職域です。

 

とても利用率の高い職域です。

 

入退出が困難職域

金銭を扱う職域やシステム系などでは出勤したら退社するまで外出ができない職域もあり、または出入りに対するセキュリティーチェックが厳しく、外出が面倒と感じているようです。

 

このような職域においても、食域内で食を満たせる環境作りとして、食品自販機は利用されております。

 

デパートや量販店の店員様は、上着を着ないと外出できないや、休憩時間は交代で短いといったお悩みもあるそうです。

 

このような職域においても食品自販機の利便性は活用されております。

 

学校

学校では高校、大学、専門学校などに導入いただいておりますが、ニーズの違いがあります。

 

高校では売店が閉まったあとに『部活動で遅くなった生徒のため』というのがあります。

 

または、登校してからは無断外出禁止なので、それならば学校内でしっかりと食べられる環境を作ろうと考えから導入をいただくケースも多くなっております。

 

高校ではカップ麺やスナック菓子、チョコレートなどはセットせず、パン類中心の高校メニューの対応もおこなっております。

 

また、大学や専門学校では、研究で遅くなる教授や生徒のためとして設置していただく場合や、コンビニや売店に一気に集中してしまうのを緩和するためなどで導入を頂いております。

 

 

このような職場や環境において、フードベンダー100は活用をしていただいております。


食品専門で安全・安心

弊社は食品自動販売機専門総合オペレーターとして、食品の自動販売機だけを専門に40年以上の実績がございます。

 

食品を専門におこなっているので、食品用の配送システムを弊社は完備しております。

 

各拠点と配送車両、全自動販売機は冷蔵・保冷機能を持って配送しています。

 

その結果として、今では官公庁をはじめ裁判所、警察署、消防署などの行政関連、郵便局、病院、学校、空港、物流、工場、宿泊施設、交通機関、オフィス等様々な場所に設置をさせていただいております。

 

食の安全・安心を配慮して配送出来ているのは、食品専門だからです。

 

 

食の安全・安心という部分でも食品専門として実施しております。


トップへ戻る